© 2023 by Plant Nursery. Proudly created with Wix.com

2020/2

1(土) 西九条マーシーオーガモン http://mercyorgamon.web.fc2.com 
此花区西九条三丁目12番1号シャルム西九条1階  ☎ 09045618885

宮川純子(vo)
中島教秀(b)

8pm~チャージ2000円

2(日) 豊中 我巣灯   https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

中島教秀ジャズクリニック
セッション形式によるクリニック 具体的なアドバイスが得られます
アシスタント ピアノ 建部聡子
pm2:30~5:00
参加料2000円(学生1000円)

 

 

 

 

2(日) 豊中『ガス灯(我巣灯)』 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

唐口一之(tp)

大野こうじ(g)
中島教秀(b)
pm7:30~10:00 2500円

 

 

 

 

 

7(金) 北新地ヌーヴォー http://jazznouveau.biz/  06-6341-0348
大阪市北区曽根崎新地1丁目8-3 遅ビル2階

藤野宏美(vo)
大石浩之(p)
7:00~3500円

 

 

9(日) 豊中『ガス灯(我巣灯)』 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

岩佐康彦(p)
中島教秀(b)
pm7:30~10:00 2000円

 

 

14(金)  北新地クレッセント  06-6342-5177 http://www.jazz-crescent.com/

臼井優子 (vo)
(pf) 
中島 教秀 (bs)
平山茂雄(ds)

Charge:¥2100  1st:19:30 / 2nd:21:00 / 3rd:22:00

 

 

 

 

 

16(日) 豊中 我巣灯  
 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/?
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

末元紀子(vo)
笹井真紀子(p)
中島教秀(b)
7:30pm~10pm¥2500

 

 

 

 

17(月)梅田ロイヤル・ホース http://www.royal-horse.jp/live/ 

 

リリータナカ(vo)
唐口一之(tp)
宮哲之(ts)
竹下清志(p) 
中島教秀(b)
東敏之(ds)

 

・開場時間:18:00 ・開演時間:19:30/21:00

・チャージ料金:S=3,000円 A=2,500円 barcounter=1,200円

 
 

 

 

 

 

19(水) 神戸北野坂ソネ  078-221-2055 http://kobe-sone.com/

シルビア(vo)
竹下清志(p)
中島教秀(b)
中村雄二郎(ds)
6:50pm~チャージ1200円

 

 

 

20(木) セラーバー・ケント http://www14.plala.or.jp/Cellar-Bar-Kent/
中央区道頓堀2-4-2 ホウセンビル B1
06-6211-6287

宮川純子(vo)
中島教秀(b)
20:00~投げ銭

 

 

 

21(金) 尼崎JAMMER http://jammer-jazz.com/access/  

06-7177-7501 尼崎市東難波町4-13-13

 

竹田昌也(g)
竹田利江(p)

中島教秀(b)
田中ヒロシ(ds)
20:00~ 投げ銭

 

 

 

22(土)西成ドナ・リー  http://nishinarijazz.blog133.fc2.com
〒557-0003 大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-1-5  06-6537-9096

志水愛(p)
塩本彰(g)
中島教秀(b)
松田順司(ds)
3pm~ 投げ銭

 

 

 

22(土)西成ドナ・リー  http://nishinarijazz.blog133.fc2.com
〒557-0003 大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-1-5  06-6537-9096

服部利一(ts)
塩本彰(g)
中島教秀(b)
松田順司(ds)
7pm~ 投げ銭

 

 

 

 

23(日) 豊中『ガス灯(我巣灯)』 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

中垣あかね(vo)

竹下清志(p)
中島教秀(b)
pm7:30~10:00 2500円

 

 

 

25(火) 尼崎JAMMER http://jammer-jazz.com/access/  

06-7177-7501 尼崎市東難波町4-13-13

 

武井努(ts)

中島教秀(b)
20:00~ 投げ銭

 

 

 

28(金)JKカフェ高槻 高槻市城北町1丁目2-8  http://jkcafe.jks-group.info/
電話:072-671-1231

宮川純子(vo)
中島教秀(b) 
19:00~ 投げ銭

 

 

 

29(土) 豊中 我巣灯  
 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/?
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

三原淑治(g)
小川 容司(p)
中島教秀(b)
7:30pm~10pm¥2000

2020/3

1(日)豊中 我巣灯   https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/?
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

唐口一之(tp)
竹下清志(p)
中島教秀(b)
7:30pm~10pm¥2500

 

 

3(火) 西九条マーシーオーガモン http://mercyorgamon.web.fc2.com 
此花区西九条三丁目12番1号シャルム西九条1階  ☎ 09045618885

宮川純子(vo)
フィリップ・ストレンジ(p)
中島教秀(b)

8pm~チャージ

 

 

 

5(木) 尼崎JAMMER http://jammer-jazz.com/access/  

06-7177-7501 尼崎市東難波町4-13-13

 

宮川純子(vo)
河村英樹(ts)

中島教秀(b)
20:00~ 投げ銭

 

 

 

 

 

 

6(金)北新地ヌーヴォー http://jazznouveau.biz/

06-6341-0348

大阪市北区曽根崎新地1丁目8-3 遅ビル2階

大石浩之(p)+藤野宏美(vo)
7:00~1500円~3500円 

 

 

 

 

7(土)西成ドナ・リー  http://nishinarijazz.blog133.fc2.com
〒557-0003 大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-1-5  06-6537-9096

井頭月(vo)
志水愛(p)
中島教秀(b)
松田順司(ds)
7pm~3ステージ 投げ銭

 

 

 

7(土)西成ドナ・リー  http://nishinarijazz.blog133.fc2.com
〒557-0003 大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-1-5  06-6537-9096

林けいこ(vo)
河村英樹(ts)
中島教秀(b)
松田順司(ds)
7pm~3ステージ 投げ銭

 

 

 

 

 

 

 

8(日) 豊中 我巣灯  
 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/?
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

中垣あかね(vo)

大野こうじ(g)
中島教秀(b)
7:30pm~10pm¥2500 

 

 

 

 

 

10(火)西成ドナ・リー  http://nishinarijazz.blog133.fc2.com
〒557-0003 大阪府大阪市西成区天下茶屋北1-1-5  06-6537-9096

志水愛(p)
中島教秀(b)
松田順司(ds)
7pm~3ステージ 投げ銭

 

 

 

 

 

 

 

13(金)  バー蓄音機 http://blog.goo.ne.jp/kusalam
近鉄奈良線・八戸ノ里(06ー4307ー0080)

 

宮川純子(vo)
大野こうじ(g)

中島教秀(b)

19:30スタート、2ステージ
 チャージ¥2,000

 

 

 

 

14(土) 豊中 我巣灯  
 https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

トニー・グッピー(vo)

中島徹(p)
中島教秀(b)
7:30pm~10pm¥2500

 

 

 

 

 

 

17(火) 尼崎JAMMER http://jammer-jazz.com/access/  

06-7177-7501 尼崎市東難波町4-13-13

 

武井努(ts)

中島教秀(b)
20:00~ 投げ銭

 

 

 

 

 

18( 水) 神戸北野坂ソネ 078-221-2055 http://kobe-sone.com/

小柳淳子(vo)
d植田良太(p)
中島教秀(b)
中村雄次郎(ds)
6:50pm~チャージ1200円

 

 

 

 

 

22(日) 川西HANARE

Ten(vo)
大前チズル(p)a piece of jazz quartet
武井努(ts)
中島教秀(b)
清水勇博(ds)

 

 

 

26(木)CINEMATIK SALOON  6sens 陸感  http://cinematiksaloon.com
京都市中京区河原町通三条上がる下丸屋町410-7  電話 075-251-0995

大前チズル(p)a piece of jazz quartet
武井努(ts)
中島教秀(b)
清水勇博(ds)

Kyoto Flava Unit
Kei(vo)
Youki Katayama(g)
Takayuki Umeda(key)

19:30~(前)3000円(当日)3500円

 

 

 

28(土) 豊中 我巣灯  https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/?
大阪府豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

岩佐康彦(p) 
中島 教秀 (b)
7:30pm~10pm 2500円

 

 

29(日) 豊中 我巣灯   https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

中島教秀ジャズクリニック
セッション形式によるクリニック 具体的なアドバイスが得られます
アシスタント ピアノ 建部聡子
pm2:30~5:00
参加料2000円(学生1000円)

 

 

29(日) 豊中 我巣灯   https://www.facebook.com/jazzlivespotgastou/
豊中市本町4-2-57  電話:06-6848-3608

pm7:30~10:00

 

 

 

 

31(火) 尼崎JAMMER http://jammer-jazz.com/access/  

06-7177-7501 尼崎市東難波町4-13-13

 

リリー・タナカ(vo)

中島教秀(b)
20:00~ 投げ銭

はい、私の山登り記録ですよ。参考にしたい方はどうぞ。

 

槍ヶ岳、北鎌尾根経由一周。(ババ平~天上沢~北鎌尾根~槍ヶ岳)

2012年9月21日

 

4:40分 ババ平テント場  

 

まだ暗いうちにヘッデンをつけて出発。今回は出来ればノンビバークで槍ヶ岳までぬけたたいが、多分北鎌平くらいでビバークだろうと予想。で、ビバーク道具と食料を詰めた荷物は水を除いて12キロ、登攀用具は最低限のシュリンゲ2~3本カラビナ3個である。

 

5:05分 大曲  

 

 

 

 意外と早く着く。が、ここからの水俣乗越への道は、なかなかの急登である。

 

 

6:05分 水俣乗越

 

 

 

 

登り着いた水俣乗越、道標の無い方向がこれから下りる天上沢である。出だしの踏み後ははっきりしている。以後雪渓が出てくるまで踏み後ははっきりしている。すぐ隣のガレ場の方が楽そうで歩きたくなるが,入ると面倒である。途中槍ヶ岳山頂、独標を始めこれから登る北鎌尾根を眺めることが出来る。

 

 

 

 

 

時期によって違いはあるが、下るにつれ雪渓が出て来る。ガレ場を歩くか,雪渓に下りるかは判断の難しいところだが、踏み抜きが怖いのでなるべく地面を歩くようにした。更に下って行くと自然に河原歩きとなる。

 

7:40分 間ノ沢出合い

 

 

 

 

 

ケルンが積まれているが北鎌沢出合いではない。沢の入ってくる方向を確かめれば特定は容易である。以後楽しい河原歩きが続く。

 

 

7:55分 北鎌沢出合い

 

 

 

 

 

幾つかケルンの積んである、西からの沢との出会いが北鎌沢との出会いである。割と地味で水も涸れている。真西に、目指す北鎌のコルがよく見える。この沢をほぼ直線的にコルを目指して登ることになる。

 

8:40分  北鎌沢、右俣~左俣出会い 水汲み 

 

出会いから10分も登れば 右俣~左俣の出会いに着く。広い顕著な方が左俣で、こちらではなく水の涸れているしょぼい方が右俣で、そっちを登る。右俣上流でも水は得られるが、念のためここで、これからのビバークと行動に必要な水を汲んでおく。この時は出会いで水は無く、ちょっと焦ったが左俣を5分程登った所で潤沢に水を得る事が出来た。なおそこで会ったガイド引率のパーティーは天上沢で必要分すべて汲んで来たとのことである。

 

 

 

 

 

その後殆ど水の涸れた沢をどんどん詰めていく。時折岩登り的な所もあるが、必ず巻き道がある。基本的にルートは右側にとっていくが、上部で右に行き過ぎると崖登りになる。どなたかが付けてくれている「×印」があるが、気づかずに行ってしまうとややこしいことになる。行き詰まってしまい、懸垂下降で下りるか,強行突破でコルの北の稜線に出る事は可能だが相当実力がいる。結論的にはいかなるルートも剣呑であれば、引き返し登りやすい所を登るのが得策。

やはり上部で左右に分かれる所がある。中央に木が生えたところがあり、それのどちら側も登れるが、右はガレていて道が不明、左はぬるぬるの草付き、いずれも急登である。普通は右を登り、北鎌のコルに至る。

 

 

 

 

 

10:40分 北鎌のコル

 

 

 

 

 

北鎌のコルは2~3張りテントの張れる平坦地であるがやたら虫が多く,休憩するにも虫除けネットがいる。この先一時間の天狗の腰掛け付近には沢山ビバークサイトがあるので、ここで泊まるのは得策とは言えないだろう。ただ北鎌沢を10分も下ればちょろちょろではあるが水を得られる可能性がある。(湯俣から詰めて来た方々用?)

 

 

 

 

コルからの道は踏み後ははっきりしているものの、木の根を掴んでの急登の連続となる。

 

 

 

12:00 天狗の腰掛け

 

 

 

 

 

岩場が多くなって来たあたりが,天狗の腰掛けである。狭いながらも(天気がよければ)快適そうなテントサイトが幾つかある。

 

 

 

徐々に岩登り的要素を増しながらも比較的はっきりした踏み後を追う。

 

 

 

 

 

 

独標が迫力を増して見えて来る。時折小槍も見える。

 

 

 

 

 

 

12:30 独標テント場

 

 

 

 

 

独標手前15分の所に快適なビバークサイトがある。

ここから、千丈沢側に下って行くはっきりした踏み後があるが、これに騙されてはいけない。行けば引き返す事になり30分~1時間のロスになる。インチキ踏み後の始まる所(ほぼ稜線上、上テントサイトのスグ横)から左上に岩場を登り南方向を目標に岩場を突破していくと独標基部につながるルートが見えて来る。

 

12:45 独標基部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基部に向かって行くとお助けザイルの張ったところがトラバース入り口。直登ルートは岩登ラーに任せて、トラバースルートを行く。踏み後ははっきりしている。しばらく行くと有名なコの字型の岩場がある。荷物が小さければそのままハイハイして、すぐ下に足場があるので切り抜けられる.荷物が大きい場合は一旦荷物を下ろして、人間だけ先に行って,後からシュリンゲか何かでリュックをくっつけて引っぱる事になる。

 

 

 

        

 

                   

更に進むと残置シュリンゲの残るチムニーがあり,そこを直登。登りきると南に繋がるトラバース・ルートとザレたスラブ状の岩場(這い松のミックス)を登るルートに分かれる。私はスラブルートしか行った事がないが、多くのパーティーはトラバースルートも利用しているようだ。直登ルートは多少剣呑な感じがするが、稜線上に至ってから、少し北へ登り返せば独標の頂上に立てる特典がある。

 

 

 

 

 

 

13:20 独標 

 

頂上の北側はビバークサイトになっている。

 

独標から北鎌平まではほぼ稜線上を行く。荒々しい岩稜帯が続く。度々トラバース・ルートが出て来るが、困難に見えても稜線上を行くのが正解である。どうしても巻かなければ行けない場合は千丈沢側をまく。P11か12あたりで、行く先の岩塔に残置シュリンゲなどが見えて、左天上沢側にもルートが見えて、そちらに行きたくなる所があるが、ここも右(千丈側)に巻くのが正解。

 

 

 

 

 

北鎌平に近づくにつれて顕著なトラバースルートが二カ所、千丈側に出て来て(P14、15か?)、そちらに行きたくなるが、我慢して困難に見える直登ルートを行く。トラバース・ルートはその後の登り返しが困難かつ、長距離で大幅に時間のロスとなる。直登ルートは見た目程困難ではなく、「諸君がんばれ」などの古典的なプレートも見る事が出来る。

 

15:30 北鎌平

 

 

 

 

 

北鎌平にも2~3テントの張れる場所がある。これまで通って来た、独標~北鎌平間にも幾つか(快適そうな)ビバークサイトが存在する。

北鎌平からも基本的に稜線上を登る。

 

 

 

16:15 大槍基部

 

 

 

 

槍に近づくにつれ、大槍がいよいよ迫力を増して来る。基部からはどこを登っても大差ないがやや天上側にルートを取るとはさみ岩が見えてくる。

 

      

 

 

適当に登りやすそうな所を登っていると、第一のチムニー、残置のパネル、残置シュリンゲなどに出会い第二チムニーの基部に導かれる。

 

16:40 第二チムニー

 

 

 

 

 

 

第二チムニーには残置シュリンゲが残っているが決して信用出来るものではない。思いっきり引っ張って安全を確認した後、利用させてもらうが、今回は途中で全体重をかけてしまい20センチほどカムか何か,金属の固定器具がずれて(抜けはしなかったが、)身の危険を感じた。残置シュリンゲに頼らなくとも、初級岩登りの技術でなんとか(私レベルでも)登ることが出来るが、不安であれば,自己で安全確保の手段を講じたほうが良き場所ではある。

 

チムニーを登った後は残り10m、適当に登りやすい所を登っているうちに、ひょっこりという感じで頂上に至る。

 

16:55 槍ヶ岳山頂

 

 

 

頂上である。人が多ければ拍手で迎えられ、記念写真を一緒に撮りたがる人まで出て来る。東西南北すべての山、ルートとも見渡せて爽快な山頂である。

槍ヶ岳山荘までの下りは一般ルートながら,疲れた身には、思いのほか困難だと言っておこう。

 

17:45 槍ヶ岳山荘  いつも混んでいる(印象。泊まった事はない)

 

 

 

なんとか,暗くなる前に北鎌抜けられてラッキー。晩の8時頃、途中で追い抜いたおばはん3人組がヘッデンをつけて、大槍を下りてくるのが見えた。ちゅうことは北鎌最後もヘッデンつけての岩登りになったわけで、そんな恐ろしい、根性があるのか,向こう見ずなのか。遭難騒ぎにならなくてよかったです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now